断食したらリバウンドして余計に太った!ファスティングダイエットでリバウンドを防ぐ方法

投稿日:2016年7月21日 更新日:

ファスティングでリバウンド

断食(ファスティング)は短期間で一気に体重を落としたい方に大変有効なダイエット方法ですが、体重が落ちた後に一番多い「悩み」が断食前の体重に戻ってしまう「リバウンド」です。ストレスを溜めるような自分に合わない無理な断食(ファスティング)ダイエットを行った結果「リバウンドでダイエット前よりも体重が増加してしまった」という方も少なくありません。せっかくの努力が水の泡になっては悔し過ぎますよね?今回は断食(ファスティング)ダイエットでリバウンドをせず維持する方法や失敗しない方法を紹介していきます。良かったら参考にしてください(´・ω・`)

断食でリバウンドしない為の注意点

リバウンドしない為に

痩せたい、体重を落としたい・・・今すぐに。ダイエットや体重が気になる方はそんな衝動に駆られる事ありますよね?ダイエットの情報を集め、色々と努力はしてみるものの、なかなか思うように目標体重や理想のボディラインに到達しないときや大事なデートの約束など、切羽詰まったタイミングになると、つい「今すぐに何とかできないかな?」と考えてしまう方も多いのはないでしょうか。さすがにいきなり激痩せする方法は無いとは思いますが、断食ダイエットは階級制で体重調整が必要なボクシングなどのアスリートが実践しているので「短期間で体重を減少させる方法」として有効なのは間違いありませんね。

 

断食でリバンウンドする人の特徴

断食をすると胃や腸、体内に蓄積されている水分もエネルギーとして消費するので最終的には精神的にも影響を及ぼします。断食は上手くいたのに、いつの間にかリバウンドしてしまっている人には共通する特徴があります。

 

・目標や期日を決めずに断食をするので一定期間でリバウンドする

・達成不可能な目標を設定してしまう

・短期的な目標だけで断食してしまうので、継続と維持ができない

・違うダイエット方法に目移りしてしまう

 

これが全てではありませんが、胸にグサッと突き刺さる方は多いのではないでしょうか。一生、食べ物や水分を摂取しない事はできませんので、しっかりと無理のない目標を立て、継続する事が大切です。せっかく断食を始めたのに目標やルールが曖昧であれば、リバウンドする原因に繋がります。しっかりと意識しましょう。

 

断食でリバウンドしない為に

重要な事ですので繰り返しお伝えしますが、断食は人間のエネルギーとなる食物や飲料などに摂取制限をかける為、確実に他のダイエットと比較すると結果が出やすい方法です。食べない→体重が減る、という物理的にも当然のメカニズムと言えます。これを継続できれば、急速に体重は減少するでしょう。しかし、断食を経験したほとんどの方が「リバウンド」という現象を経験されているのではないでしょうか?これは断食し体重が減った後に断食前と同じエネルギーを摂取する事が原因で「リバウンド」という現象が起きてしまうのです。これを管理するために大切な事があります。それは「メンタルコントロール」です。現在では、このメンタルコントロールを成功させる為にお金を払ってまで専属のトレーナーを付ける方もいます。断食によるリバウンドを防ぐためには大変重要な部分ですので、しっかり意識する必要があります。

 

断食は食べないのではなく「カロリー調節」

極端な話をすると、私たちはエネルギーを摂取する行為、「食べる」事でもカロリーを消費します。一説によると「食事する」という行為は体温を上昇させエネルギーを消費させる事で脂肪燃焼に繋がると言われています。断食は決して「完全に飲み物や食べ物を摂取しない事」ではなく食事を節制や調節する、カロリーをコントロールするという事が重要です。これを勘違いしてしまうと「食べない」という行為が苦痛や反動となり、エネルギーの過剰摂取に繋がりリバウンドする要因になってしまいます。断食は1日1日の積み重ねが重要なダイエット法です。無理のないカロリー制限や調節を心掛けましょう。

 

ファスティングダイエットは「痩せる」が目的じゃない

リバウンドしない方法について

ファスティングダイエット(断食)は、体重を減少させる事、理想のボディラインを達成する為だけに焦点が集まりがちですが、ダイエット以外にもメリットがある事が分かっています。ファスティングダイエットが「痩せる」目的以外に注目されている重要なメリットを紹介します。

 

胃や腸内環境をリセット、デトックス効果も!

私たちは常日頃の食事や間食によって食品添加物やトランス脂肪酸などの毒素を知らず知らずのうちに多く体に取り込んでいます。また間食やお菓子、食べ過ぎ、飲みすぎで胃や腸内は常に働いている状態である事は安易に想像できると思います。ファスティングダイエットはこのような不摂生な食事や毒素で疲れた胃や腸内を一旦リセットし適切なカロリー摂取を行う事も目的の一つです。この事を意識する事で体により良い健康なエネルギーを取り入れようと意識するので、デトックス効果や自然と健康体になるという事例がたくさん報告されています。

 

必要な栄養を摂取すれば断食はリバンドしない

ダイエットが成功しないと思われている方は特に注意して頂きたいのですが、この世の中は誘惑だらけですよね。ただでさえ様々な誘惑がある世界で「我慢できるところまで何も口にしない」というファスティング方法は無謀とリバウンドの極地です。ファスティングダイエットで重要な事は「栄養は摂りすぎず、胃腸を休ませリセットする」という事。断食は「痩せる」ことだけが目的ではない事を理解して頂けたのではないでしょうか。

 

ファスティングダイエットでリバウンドしない方法

リバウンドしない為に

これを機にファスティングダイエットを始めよう思われる方におすすめなのが、まずは1~3日間の短期間でチャレンジする方法です。慣れるまでは一回のファスティング日数を増やすよりも、精神的に余裕を持ち短期間のファスティングにチャレンジし成功体験を積み重ねる事によって「私にも出来る」という自信が芽生えストレスを軽減させるので効果的といえます。また、コツとしてはファスティングを始める前日の食事は通常通りで構いません。「明日から断食だから、たくさん食べておこう」という行為は論外です。むしろ「たくさん食べた」という残像が潜在意識に刷り込まれます。また、休ませるはずの胃や腸内がフル稼働し余計に負担がかかってしまいます。むしろリハーサル位の気持ちで野菜のスムージーやおかゆなど消化に良いものを口にできれば最高ですね。

 

ファスティング中はなるべくスケジュールを空けましょう

ファスティング中は、普段の食生活で摂取する平均カロリーを改善する過程で一時的に疲労感や貧血に襲われる可能性があります。過度な運動や気を紛らわす為の長時間の外出、睡眠不足などにはご注意ください。スケジュールが一杯の中、ファスティングを並行させ体調を崩しては本末転倒です。なるべく予定を入れずファスティングに集中できる環境を作りましょう。また、暑い季節は特に水分をしっかりと摂取されてください。水分と言っても糖分の塊で製造されているジュースやお酒類のアルコールはNGです。お水かお茶が望ましいです。

 

野菜スムージーや野菜スープなどは

ファスティングの方法にもよりますが、野菜のスムージーや温かい野菜スープなどは積極的に取り入れましょう。野菜にはダイエット効果だけでなく美容(ビタミン、ミネラル等)やデトックス(解毒)効果を促す成分が含まれている場合があります。また習慣化させる事でリバウンドを防ぐというメリットも生まれます。可能であれば専門家の指導やアドバイスを受けながら取り入れましょう。

 

ファスティング後は回復食でリバウンドを回避

決められた日数でファスティングが終わったら、回復食を始めます。おかゆなどの消化に良いものから、少しずつ食べてみましょう。ビックリするくらい素材の味を感じられるはずです。実はこれがファスティングの一番の収穫と言っても過言ではありません。濃い味付けに慣れていた舌が敏感に味を察知できるようになること。これは「いかに体に取り込まれ毒素を吸収していたのか」を理解できるようになったという事です。こうなれば自然と体が本当に欲している栄養素や毒素を取捨選択できるようになります。ここまでくればファスティングは成功といえますね。

 

ファスティングの成功とリバウンドについて

リバウンドしない為に

ファスティングは一見すると、完全に飲まず食わずという減量のイメージが強いですが、実は必要な栄養素は摂取し、必要のない誘惑と「食」は「断つ」という方法です。これを理解する事が普段から太りにくい健康的な食生活を確立させ、自然とリバウンドする事を防ぎます。正しい知識を身に付ける事や無理のない目標を立てる事で綺麗に痩せ、健康体を保ちます。ファスティングで重要な事は長期目標を達成するためには短期間のチャレンジと成功体験の積み重ねが大事であるという事ではないでしょうか。よろしければ、参考にされてください。

 

 

.

-ダイエット関連

Copyright© 女子のデトックスライフ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.